専門学校 共生館国際福祉医療カレッジ

メニューを開く

合格者の声

社会福祉士 通信学科

合格までの道のり

学科説明会に参加し、先生方の熱意や親切さが伝わってきたため共生館に決めました。実際、入学から受験までしっかりフォローしていただき、安心して国家試験に臨むことができ、初めての試験で合格することができました。仕事、家事、子育て、勉強の両立はとても大変でしたが、スクーリングでの仲間との交流や興味深い講義は楽しく、とてもよい経験となりました。レポートは大変ですが、教本をしっかり読んで作成するので、自然と重要なところが理解できました。平日はなかなか学習時間が取れませんでしたが、休日には集中して勉強することを心がけました。皆様、頑張ってください。

社会福祉士国家試験を終えて思うこと

私が共生館の社会福祉士通信学科を選んだ理由は、国家試験に一発で合格している職場の多くの方がこの通信学科の卒業生であった事でした。スクーリングは、一緒に受講している方とのグループワークや講師の先生の話が刺激になり楽しかったです。

レポートは正直大変でしたが、国家試験に合格した今は、レポート1つ1つが勉強になっていたと感じます。もちろん仕事や家庭と勉強の両立は大変でした。しかし、フォローアップ講座を受講し試験対策が出来たこと、その中で先生方の試験のアドバイス、疑問や不安に応え支えて頂いた事で勉強が継続できました。試験当日は緊張しましたが、合格でき本当によかったです。

仕事との両立

同じ職場の当校卒業生の同僚より共生館の社会福祉士通信学科についての話を何となく聞きました。同僚も仕事をしながら勉強しその年に合格した一人でした。専門実践教育訓練給付金についても情報を得て「これはやってみる価値あり」と感じた私は職場の推薦、卒業生の推薦などを利用し入学申し込みを行いました。レポート作成やスクーリングは仕事をしながらでも難なくこなせました。しかし、国試の勉強はかなりハードルが高いものでしたが、やればやるだけ身に付くものとなりました。通勤の電車の中や昼休み時間などの隙間時間を上手く利用し毎日コツコツ積み重ねをしました。秋に行われたフォローアップ講座は凝集された内容で、仕事をしながらの方には受講をお勧めします。

学科説明会 参加エントリーはこちら学科説明会 参加エントリーはこちら
ページの先頭へ